独立行政法人国立病院機構霞ヶ浦医療センター
施設概要
設立年度昭和20年
病床数250床
職員数360名
診療科目標榜診療科全25科:内科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・腎臓内科・代謝内科・血液内科・小児科・外科・整形外科・形成外科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・リハビリテーション科・放射線科・歯科・歯科口腔外科・麻酔科・病理診断科
沿革昭和16年10月霞ヶ浦海軍病院として創設。
終戦後の昭和20年12月国立霞ヶ浦病院として発足。
平成16年4月に国立病院・国立療養所の独立行政法人化により独立行政法人国立病院機構霞ヶ浦医療センターとして新たに発足し現在に至る。
地域医療支援病院、茨城県がん診療指定病院、日本医療機能評価機構Ver6.0取得。
平成24年4月からは筑波大学附属病院臨床教育ステーションが院内に開設。(平成27年よりセンターへ昇格)
施設の特徴・理念・基本方針
【病院理念】
私たちは
この病院に身を寄せてこられた
すべての方々に
医療を通じて希望と力を与え
その期待と信頼に応えます

【看護課の理念】
常に患者様の立場に立ち
親しみの心、理解する心、お役に立つ心、
謙虚な心、感謝する心
をもって対応し、あたたかい看護を実践します。

【看護課の基本方針】
人間性を尊重した看護の実践を行う。
自らの意思決定によって、問題解決にあたれるよう、自己研鑽に努める。
他部門とは信頼関係を持って協議する。
臨床は常に教育の現場であることを認識した行動をする。
看護職としての誇りと品性を持ち、心身の健康保持・増進に努め責任を果たす。
病院から一言・お知らせ
当院は土浦市を一望する高台にあり、緑豊かな環境で地域の患者さんのために医療を提供しています。
認定看護師を取得するために頑張っている人、また、取得し活躍している人、仕事と家庭の両立に頑張っている人など一人ひとりの希望や夢を尊重し充実した人生を応援します。
熱意ある方のご応募お待ちしています。
2018年採用情報
採用計画・応募資格○応募資格
・平成30年3月に看護学校を卒業見込の方
・助産師・看護師免許を取得済みの方
看護師採用数20
準看護師採用数
保健師採用数
助産師採用数3
選考方法小論文、面接
採用スケジュール採用試験日程
第1回 7月 1日(土) 申込6月21日まで
第2回 7月22日(土) 申込7月5日まで
詳細は下記HPにてチェックしてください。
http://www.nho-kansin.jp/adoption/
勤務条件
初任給看護師看護大卒:221,000円(+夜勤手当40,000円)
専門学校卒:211,000円(+夜勤手当40,000円)
*職歴などによって基本給が加算されます。
保健師
助産師226,000円(+夜勤手当40,000円)
*職歴などによって基本給が加算されます。
諸手当夜間看護等手当、3交替夜勤1回につき概ね 5,000円
専門看護手当:月額 専門看護師5,000円、認定看護師3,000円支給
住居手当:借家は月額最高27,000円支給
通勤手当:交通機関利用 月額最高55,000円まで全額支給
扶養手当、時間外勤務手当等
賞与年2回(6月30日、12月10日支給):4.1ヶ月分(H27実績)
夜勤体制三交替制
勤務時間4週8休制 週38時間45分勤務
他に国民の祝日、年末年始の休日あり

【勤務スケジュール】
日勤 8:30~17:15
準夜 16:30~1:15
深夜 0:30~9:15
休暇年次有給休暇年20日(4月採用者の初年度は15日)
夏季休暇3日
特別休暇(結婚、忌引、災害被災時など)
出産休暇(産前6週間、産後8週間)
介護休暇
育児休業など(育児休業、育児短時間勤務、育児時間)
福利厚生★院内体制など
院内保育所有、イベント有(新人歓迎ボーリング大会、バーベキュー大会等)、制服貸与

★社会保険など
厚生労働省第二共済組合
財形貯蓄、貸付制度、各種割引・優待
退職金制度(6ヶ月以上勤務)

★宿舎など
独身用宿舎(3,550円~5,580円)
世帯用宿舎(6,900円~11,110円)
※駐車場完備

★その他
キャリアアップや人材育成、家庭環境などに配慮して、全国の国立病院機構各病院への異動希望も可能です。
連絡先
担当部署企画課 庶務係長
300-8585
茨城県土浦市下高津2-7-14
029-822-5050
201sy01@hosp.go.jp
http://kasumi-hosp.jp/

参加医療機関
2018年春採用向け情報

関連リンク
栃木 看護職就職ガイダンス
茨城県看護協会